パレ Select Items

いらっしゃいませ(^o^)/
パレが気に成った商品やサービスなどを、気まぐれにアップしてます。
あっ、かみさんの お気に もアップしてます。
Google
 
<< スーパーボウルで思い出した | main | 道産子、福原美穂メジャーデビュー! >>
あると便利なイーバンク
Jリーグの開幕と共に、TOTOも始ったってことで、『イーバンク』の勧めです。

「何で?」(笑)
まあまあ、それだけじゃ無いのだけど、俺も口座を持って居るので、俺の使い方を通して理解したことを基に、『イーバンク』の紹介をしておこうって話です(^^ゞ


本題の前に、『ネット銀行』って何だ?って話をしておきますね。

と言っても、詳しい話や難しい話をしても、俺の知識じゃ、正確性に欠くと想うので、それはネット検索して貰うとして、簡単にね。

当然だけど、システムってことでは、日常的に活用して居る、[銀行]と、基本的に同じです。
客として利用する際の、活用方法で違いを見ると、判り易いと思います。

会社員などで、給料を振り込んで貰う、銀行口座としてってことまでは、同じです。
その”預金”をおろす=引き出す段階で、違いが見えて来ます。

引き出す、または、振込みってことでは、その銀行の窓口へ行くか、ATMへ行くかですね。
この[窓口]=[銀行の店舗]が、大きな違いです。

ひらめきちょっと補足
勘違いしてると、話が解らなくなるので、念の為の補足なんだけど。
ここで話して居るのは、あくまでも、『ネット銀行』であって、従来の銀行での、オンラインバンク・サービスじゃ無いです。

オンラインバンク・サービスは、その名の通り、銀行の、顧客の利便性に向けられた、[サービス]の一つですが、『ネット銀行』は、そもそもの運用形式で、通信というネットワークを主として、顧客へサービスを提供してます。

『ネット銀行』の場合、運用として、必要最低限の店舗(本店など)はあるものの、基本的に、顧客へ直接、サービスを提供するための店舗を持って無いってことです。
早く言えば、実店舗としての[窓口]が無いってことです。

『ネット銀行』の究極を言えば、現金を持ち歩かず、パソコンと、カード1枚があれば、買い物なども含めて、全てのお金の出し入れを可能にするサービスって話です。

まあ、あくまでも”究極”であって、実際には、公共サービスを含めた、社会構造の全てが対応しないと実現しなくて、まだまだ、現金が必要になる場面が多いですけどね。
現行にあるサービスで言えば、『オンラインデビット方式』がそれです。
一般的には[デビットカード]と知られて居るシステムです。
口座開設時に取得する、入出金を簡略化するための[キャッシュカード]で、現金を使わず、間接的に、自分の金融口座を介して、支払いを可能にするサービスです。

簡単に言えば、現金では無くて、自分の金融口座の、”残高”で支払って居るってことです。
あくまでも、”残高”なので、クレジットと違って、支払い額が、残高を越えるものは、出来ないってことなので、現金と、ほぼ同じです(これは、普通口座の場合で、総合口座の場合は、マイナス残高が発生しての、実残高を越えての支払いがあります)。
その引き落としも、クレジットの様に、毎月の指定日に一括ってことじゃ無くて、即時引き落としです。
しかも、現金と同じなので、クレジットのように、手数料がかからないんです。

では、預金を引き出して、現金化するには、どうするのか?ってことですが、ATMです。
従来の銀行の場合、基本的には、同銀行専用のATMで、その地域にある、実店舗が管理してますね。
『ネット銀行』の場合、その実店舗が無いので、既存の、他社ATMシステムと提携して、サービス展開してます。
主に、コンビニに設置して居るATMや、ゆうちょのATMを利用してます。

コンビニATMなら、ほぼ24時間の取引がサービスされてます(個々の『ネット銀行』で要確認)。

一番便利なのは、振込みです。
インターネットが可能な環境さえあれば、どこからでも、24時間、振込み手続きが可能ってことです。
「あっ、明日には、振り込まないと・・・でも、明日、銀行に行く時間が・・・」なんて心配が要らないってことです。
遅い帰宅後の深夜などに、インターネットから、振込み手続きをしておけば、振込先の金融機関での、朝の取り扱い時間から、自動的に、振込みが行われるってことです。

従来の銀行で言うと、ATMなら、何10人も並んで待って、後ろの人を気にしつつ、振込み手続きすることも無いし、窓口なら、番号札を取って「え〜、こんなに待ってるの」なんて想いもしなくて良いんです。
しかも、こんなに楽なのに、振込み手数料が、安いんです

従来の銀行の利用では、ATMであれ、窓口であれ、移動時間+待ち時間+手続きの時間+移動時間とあって、しかも、手数料が高い訳ですね。

なんだか、メリットばかりのように話してますね。
デメリットも、当然あります。

インターネットを利用するってことで、ログイン用のID&パスワードの盗難などを考慮すると、従来の銀行での利用に比較すると、自分で管理する部分が多いことや、不正通信などの脅威と、危険率は、高くなるかも知れません。
しかし、当然、それらの危険性は、『ネット銀行』自体、想定して居る問題なので、それを軽減する為に、いくつもセキュリティ・サービスを提供してます。
重要なことは、それらの大半のセキュリティ・サービスは、利用者自体が、できる限り 設定(利用) することで、初めて、有効になるサービスってことを、理解しておくことです。

他の利用面にも、デメリットがあります。
先に話した通り、直接のサービス窓口にあたるATMが、他社のを利用して居るってことです。
この為、提携料などの固定費がかかる為、自社管理のATMに比べて、利用者への負担(利用料)が発生し易いってことです。
簡単に言えば、出金だけでなく、入金さえも、利用手数料が発生するってことです。

「自分のお金なのに、出し入れに、お金を取られるの?」と想う人が、多いかも知れませんね。
視点を変えて、従来の銀行での、手数料や利便性を考えてみると、ここだけに囚われるのは、本質が見れて無いことに、気付く筈です。
時間の浪費・振込み手数料の高さなどなど。
入出金時の手数料が安くても、ある意味で”ちゃんと”他のサービス利用で、利用料を取って居るってことです。

いえいえ、従来の銀行が、『ネット銀行』に比べて、劣って居るって言いたい訳じゃ無いです。
倒産や合併が相次ぐ中、一生懸命努力して、顧客への安心と、新しい時代に合わせてのサービスの提供や、何より、過去の間違った経営などを改めたりと、大切な預金を守ってくれて居る銀行も、多々あると思います。
しかも、従来型の銀行が存続するってことは、従業員が居る訳で、失業率に関る訳ですね。

なので、『ネット銀行』の利点を理解しつつ、たとえば、部分的に、今までの銀行での活用を、『ネット銀行』へ変えてみるって入りかたが、良いのかも知れません。

前置きが長くなったけど、本題ですたらーっ

『ネット銀行』は、当然ですが、『イーバンク』だけじゃないのだけど、俺が利用して居るのが、『イーバンク』なので、同種の他銀行との比較は、ネット検索で、探してください(多数ヒットする筈です)。
あくまでも、利用して居る俺が知って居る、『イーバンク』の良さでの紹介です。

まず、『イーバンク』は、顧客のターゲットが、小口の個人向けって性格を持って居ると思います。
いえ、当然、大口顧客が増えた方が良いし、企業などの利用も、どんどんして欲しい筈ですよ。
要は、個人の利用者が増えることに、一番意識して、サービスの提供をしていると、利用してみて、俺が感じてるってことです。

他の『ネット銀行』では、発足当初から、大口顧客である、企業向けに、力を入れて居るところが多いように感じてます。

鉛筆ちなみに
『ネット銀行』が、預金金利が高いってイメージは、数年前までの話しだと思います。
比較サイトなどで見ると、数年前に比べ、それほど多くの差は、無くなって来て居ると思います。

なので、重要視するのは、利便性で、比較して、自分の生活リズムと合わせて見ることだと思います。

個人が、手軽に利用できる部分としては、口座維持費が、無条件で、無料ってことです。
※他の『ネット銀行』では、基本的には有料で、条件によって、無料になるところがあります。

俺の主な利用は、TOTOの購入と、通販などでの、振込み用です。
去年、BIGが話題になって(当選賞金6億円)、サッカーを知らない、または、サッカーに興味の無い人まで殺到して、購入が困難だったり、何時間も並んで、タイムアウトで買えない・・・なんてこともあったよね。
『イーバンク』なら、24時間、申込みが可能で、購入する度に、ポイント還元されて、貯ったポイントを、購入時に使えるんです。

しかも、TOTOのように、勝敗予想を自分でするなら、インターネットの良さが、沢山有ります。
Jリーグ公式サイトへアクセスすれば、各チームの過去の勝敗データや、対戦成績などが、随時更新されてるし、他のJリーグデータサイトなども参考にして、自分の予想に、補正をかけることも簡単に出来ると思います。

注意としては、『イーバンク』でのTOTOの購入時には、予め、予想データを作成しておくことです。
つまり、購入画面を表示してから、「どっちが勝つかなぁ」なんて、1試合1試合考えては、マークして・・・なんて事は、駄目ってこと。
セキュリティの関係上、一定時間、操作が行われないと、ログアウトされてしまうからです。
折角、マークしたデータも、初めから、入力しなすことになるからです。

まあ、BIGの場合なら、?口購入と、購入数を入力するだけなので、宝くじを買う要領だけどね。
?totoイーバンクサービス

電子データで履歴が残るので、ハズレ券を捨てる必要も無いので、エコですね。
当選して、大金を手に入れたとしても、懐を押さえて、怖々持ち帰ることも無いですからね(笑)

俺は、TOTOしか利用して無いけど、他にも、馬券や舟券なども、サービスしてますよ。

一番、利用して、良かったと思ってるのは、振込みですね。
現在の公式アナウンスでは、他銀行口座への振込み手数料は、160円です。
自分の利用して居る銀行での、振込み手数料と、比較してみてください。
上で説明した通り、比較する時は、この金額だけじゃ無くて、24時間、手続きが可能などの、利便性も含めてね。

しかも、同行=相手も『イーバンク』口座なら、無料なんです。
たとえば、夫婦で、それぞれの口座を持って居るなら、お金の移動は、無料ってことです。
ネットオークションなどの、個人間の取引の場合も、相手も、『イーバンク』口座を持って居るなら、喜ばれると思います。

この振込みには、口座番号などを入力する、従来の振込み手続きの他に、[メルマネ]と言う、メールアドレスを入力するだけで、メールで、振込みが出来るサービスもあります。
とっても簡単です。

[メルマネ]は、(相手の了解確認がいるけど)『イーバンク』口座を持って無い人にも利用できるんです。
[メルマネ]を実行すると、振り込まれたことを知らせるメールが届くので、そのメールを受け取った人が、『イーバンク』口座を開設すれば良いだけです(開設後に、その口座に振り込まれます)。

『イーバンク』口座を持って居る人が増えると、色んな場面で、便利になりそうですよね。

個人事業者も、屋号にて、口座開設が出来る、[個人ビジネス口座]ってのもありますよ。
プライベート用の口座と、ビジネス用に口座を持てるってことです。

さて、口座維持費は、無料なのだけど、キャッシュ・カードは、基本的には、有料発行なんです。
1,050円です(現)。
発行手続きをした際、定期預金も含めて、預金残高が、10万円以上ある時は、無料になるので、開設後に、すぐに必要じゃ無いなら、開設時に、同時に申し込まないように(^^ゞ
入金には、手数料が無料の『ゆうちょ口座』が便利なので、持って無いなら、予め、作っておくことを勧めます。

で、キャッシュ・カードは、上記のように、有料発行になるんだけど、キャッシュ・カード機能も付いた[イーバンク・マネーカード]なら、発行手数料が無料です。
これは、最初の方で説明した、[デビット・カード]です。
デビット機能を利用して、ショッピングなどをすれば、ポイント還元もあります。
しかも、同じく最初の方で説明した通り、クレジットじゃ無いので、支払いでの手数料が無いんです。
?イーバンクマネーカード

上でもちょっと書いた、ATMでの入出金時での手数料だけど、詳しくは、下のリンクサイトへ行って、上部メニューより[各種手数料]をクリックして、説明ページを確認してください。
?イーバンク銀行 手数料一覧

ATMは、セブンセブンイレブンか、イトーヨーカドーにある『セブン銀行』か、郵便局『ゆうちょ』です。

色々と理解して来ると、それまでの生活で、不便に感じてたことなどを、解決するヒントが見付かるかも知れないよ。
口座開設までには、それなりに日数がかかるので、「あっ、イーバンクって手があった」なんて想っても、すぐに出来ない・・なんてこともあるので、作っておいて、損は無いと想うよグッド

| パレ | これって便利〜 | 10:52 | comments(0) | - |










このページの先頭へ